忍者ブログ

私家版・雨の内緒話避難場所

主にネコの暴力・体重ネタ。ついでに飼い主の手芸ネタも。 2010.04初旬からFC2につながらなくなって引っ越しました。

運光様 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


運光様 10/30 -2-

ペケペケは、ほぼ正方形に近い形でかちんこちんになってしまったので、
夫が映画「おくりびと」のマネっこをして、
「本木がこうやってこんな風に…」と言いながら後ろ足をちょっと曲げようとしたが、
(やめぃ。)
「骨、折りそう。」とつぶやいて断念。

いつもの黒いソフトキャリーを横にすればなんとかおさまる。

バスタオルを新しいのに替えて、キャリーに入れて、
朝ごはん後からずーっとずーっと夫ベッド横のいすで寝ていたチョロに挨拶させるかなぁ、
わかってるのかなぁ。とのぞいたら、

キャリー登場ですでに完璧に気配を消していた。

しょうがないか。



タクシーに乗り込んで、
少しも軽くなっていないペケペケのキャリーを膝の上に乗せた。

道は、私が来海してからおそらく最悪くらいの渋滞。
そういえば、来海1週間後、
検疫所からネコたちを連れて帰る時もこれに匹敵するくらいの渋滞だった。

もう移動がこわくてこわくてたまらないペケペケはここにはいないので、
どうでもいい。
ただひたすら膝の重みを味わって、ぼーっとしていた。

通常30分くらいで着く病院に、1時間半くらいかけて到着。

他に患畜さんはいないらしく、
先生が出てきて診察室に通してくれた。

考えてみたら私はやまんばのような髪で、たぶんまぶたをはらしたどスッピンだ。
(顔、いつ洗ったっけ…。)

昨日の夜と今朝の様子を話し始めたらまた泣き出した。

先生の見解は、やはり腎性のなにかではなく、
脳の中、腫瘍とか、なんらかの異物ができて、
脳神経の障害が起きた可能性が高い、ということだった。

「お力になれなくて…」とか、決まり文句を言わせてごめん、先生。

また泣き出すから、
「ほんとうにそんなことない、
機器も薬も調達が難しいのはわかっていたが、高度医療はもともと望んでいなかった、
上海に先生がいなかったら、もしかしたら自宅輸液もできなくて、
この1年半、じっくりべったり安心してペケペケと暮らすことはきっとできなかった、
上海に先生がいてくれてよかった、」
としっかり伝えることができなかった。

泣いたのはここだけ。たぶん。



で、ペケペケの体を病院に預けねばならない。

病院のダンボール箱を持ってきてくれて、
ペケペケをキャリーから出して、バスタオルを下に敷いたまま箱に移す。

先生、なでなでしてくれて、
「ほんとに毛並みもまだきれいですしね…。」
と言うので、思わず、

「ねっ。ですよね。ですよねっ。
腎臓は、絶対まだイケたんです。ぜんぜんまだっ。」

と畳み掛けるように言ったら、

「いや、そりゃ、あの、なんとも…。」

と先生、苦笑。

「いやでも、ほんとにね?…。」と、双方つぶやきながら少しペケペケをなでた。



「なにか、入れてあげたいものがあれば…」と先生が言いかけて、
「ないです。」と飼い主、即答。

先生、ちょっと絶句。

ペペの時も、チマチマの時も、花もなんにも用意しなかった。
ペケペケにもなんにもなしでいいの。

AHTさんが、サンプルのフードを入れてくれた。

Walthamの療法食、それもUrinaryかよっ。

と思ったが、まあ、ペケペケ、Urinaryは 食べちゃいけないのに 好きだったからいいや。

飼い主が何の療法食かチェックしているのを見た先生、
気を遣って、

「療法食だけってのもなんですからね。普通のもね。」

と、きまり悪そうに、
片手に一握りのドライフードを持ってきて入れてくれた。



またひとしきりペケペケの体をなでて、
「バイバイ。じゃーね。ペケペケいいコちゃん。バイバイ。」と言って、
夫と先生に向かって『気が済みました。』という表情を作って、
事務的な話のキッカケを作る。

先生が、再度火葬から骨が帰ってくるまでの流れを説明してくれて、
何に入って帰ってくるのかなぁ、と思っていたら、
いくつかから選べる、ということで、
AHTさんが、骨つぼがカラー印刷されたA4の紙を3枚持ってきてくれた。

1枚めは8種類、2枚めは4種類、3枚めは2種類の写真。

「こりゃまたチャイナっすね?!」と飼い主、
夫と顔を見合わせて、感嘆の声を上げて笑う。

スーパーで買ったうちのラーメンどんぶりと同じ模様のもあったが、
そりゃあんまりだ。
(コピーもらえばよかった。)

南仏陶器のチマチマの骨つぼと並べて置くことも考えると、
高さがあるのはいまいちなので、
1枚めと2枚めは即却下。
夫に「3枚めの2種類だねー。」と言って、よく見たら、
1枚めは500元、2枚めは650元、3枚めは800元だった。

「げ。一番高いのだよー。」と言ったら、
「そんなことはええけん。」と夫にたしなめられた。

同じような落ち着いたグリーンの四角い陶器の容器2種類から選ぼうとしていたら、
この2つは実物がある、ということで、AHTさんが持ってきてくれて、
模様の入っていない無地のにすることにした。

それでもものすごいチャイナ?、な感じだが、
チマチマ同様、最後の場所らしい入れ物でいっか。

空っぽのキャリーを持って、
買ったばっかりの輸液20本、
今はまだ気持ちの整理ができないので、
2週間後に骨が帰ってきたときにまた相談させてください、とお願いして、
夫が清算して、
レジ横にあったキャットニップのおやつをチョロに買って、
先生にもう一度お礼を言って、
病院を出た。



泣いたり笑ったり、まるでアタマのおかしい人だが、
それもどうでもいい。

拍手[0回]

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード

運光様 魔除け

運光様 ご案内

ブログの管理画面からコメントの返信をすると、「最新コメント」欄に文字で表示されません。
「最新コメント」欄で、記事タイトル横にノートに鉛筆みたいなマークが入っていれば、「返信あり」です。

運光様 カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

運光様 最新コメント

[02/04 サエコポン]
[01/20 サエコポン]
[04/03 Mママ]
[03/23 サエコポン]
[02/12 サエコポン]
[02/11 サエコポン]
[06/19 P]
[02/16 雨]
[02/15 Mママ]
[02/15 サエコポン]

運光様 ブログ内検索

運光様 アーカイブ

運光様 プロフィール

<<10/30 -3-  | HOME |  10/30 -1->>
Copyright ©  -- 私家版・雨の内緒話避難場所 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ