忍者ブログ

私家版・雨の内緒話避難場所

主にネコの暴力・体重ネタ。ついでに飼い主の手芸ネタも。 2010.04初旬からFC2につながらなくなって引っ越しました。

運光様 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


運光様 快晴 26℃

今日は今までで最長です。
すんごいことになってます。
覚悟してお読み。

まずは今日のニュース。

ぃやっほ?♪
今日はこれにつきます。

うれしいので全部コピペしちゃお。
長???いので、興味のない方は読み飛ばしてください。

「サイコー」…KISS、1年ぶりの来日公演スタート

 デビュー30周年を迎えた米大物ロックバンド、KISSが27日、
東京・北の丸の日本武道館で約1年ぶり8度目の来日公演をスタートさせた。

 お馴染みのド派手メークと衣装で爆発音と共に登場するとファンは総立ち。
ボーカル兼ギターのポール・スタンレーが
「トウキョー、アリガト、サイコー!! ドウモアリガト、ミナサ?ン!」と日本語で挨拶すると、
1万人の中年ファンは大歓声で応えた。
「WAR MACHINE」では、ジーン・シモンズがお馴染みの火吹きを、
「LOVE GUN」ではスタンレーが宙に舞うなどエキサイティングなパフォーマンスを見せる一方、
「上を向いて歩こう」を観客と合唱するサービスも見せ20曲を歌った。
同ツアーは4都市6公演で約6万人動員予定。28日、29日も同所で。(サンケイスポーツ)


ジーン火噴いた! KISSが武道館ライブ
 
 米ハードロックバンドKISSが27日、東京・日本武道館で日本ツアー(6月2日まで)をスタートさせた。
2年連続8度目の公演。KISSが爆音とともに登場するやいなや、会場は総立ち。
ボーカルのポール・スタンレーが「ハクシュ」と日本語で呼び掛けるとファンは大歓声。
7曲目の「ウォー・マシン」ではジーン・シモンズがお決まりの火噴きパフォーマンスを見せ、
ファンを圧倒した。ヒット曲「デトロイト・ロックシティー」や「ラブガン」
「ロックンロール・オールナイト」など全20曲を披露した。(日刊スポーツ)

KISS 地獄まで現役 99年の引退宣言を完全撤回

 ド派手メークや、ステージ上での過激アクションで有名な米国の大御所ロックバンド「KISS」が
27日、東京・北の丸公園の日本武道館で日本ツアー(4か所6公演)をスタートさせた。
スポーツ報知ではボーカル&ベースのジーン・シモンズ(54)と
ギターのポール・スタンレー(52)にインタビュー。
2人は1999年の引退宣言を完全撤回し、今後もライブ活動を続けていくことを明言した。

 一時は解散を発表した“悪魔の4人組”が、地獄の果てまでライブを続けていくことを宣言した。

 99年から約2年かけて世界を回った「フェアウェルツアー」を最後に引退することを発表していた
KISSにどんな変化があったのか? 
星のメークのポールは
「ファンもそれ(引退)を望んでいないと気付いてからは、
自分たちが楽しめる限りは続けることにしたんだ」。
火吹き男ジーンは続行が当然といわんばかりだ。
「ブラック系の音楽とヒーローの関係はすごくヘルシーだよ。
誰がジェームス・ブラウンやBBキングに対して引退を聞くんだ? 
なぜか白人スターは若い人が求められるんだ」とロック界の風潮に異を唱えた。

 今年でデビューから丸30年。バンドが最も危機的状況にあったのは、
メークを取った80年代中盤だったという。
「偉大なバンドだから常に自分たちもそれに見合うだけの気持ちを持たなきゃいけない。
それがなくなったのがメークを取った時だった」(ジーン)。
ヘビメタブームに乗って第2の黄金期を迎えたが、ノーメーク時代は90年代後半まで続き、
“引退宣言”の引き金にもなった。
「メークのないオレはKISSに見合わない気がして、慣れるのに時間がかかった。
他のバンドと同じことをしようとしてたんだ。
でもメークをもう一度することでKISSが持っていた想像力が復活したんだ」

 今後は新曲制作はせず、ライブアーティストとして活動を続けるという。
「どんなにいい曲を作っても『ラブ・ガン』やってよ、となる。
ツェッペリンも、ストーンズも、歴史あるバンドの宿命さ。
ファンにとっては往年の名曲と共に脳裏によみがえる記憶が大切なんだよ。
幸いここまでこられたのはハードワークのたまもの。いったんステージに上がれば手を抜かない。
100%出し続けられる限りやるよ」。
自信たっぷりにうなずく2人は、老け込むにはまだ若すぎるようだ。(高橋 誠司)(スポーツ報知)


上記記事、ところどころに、

「ぅおーーーっ!」
「ぃやっほ?っ!」
「ぃえ???いっ!」
「わはははははは」

などを挿入しつつ読んでいただけると、より一層おいしく味わっていただけます。


ぃやっひゃっひゃっひゃっひゃっ。
フェアウェル撤回 ばんざーーーいっ!
そりゃそーよ。日本はもうかるんだもの、もったいないわよ?♪
永遠に毎年来てくれ?♪
来年は行くよ?♪(一人ぼっちで…?)

しかし、「一万人の中年ファン」て。サンケイスポーツ。


さて、身の回りの状況は、とーぜん、こんなことで浮かれている場合ではない。

今朝まず、帰国直前に手続きしなければならない猫の書類についてのアポ取り(トライ)。
フランスの役所仕事なので信用ならないし、
有効期限が10日しかなくて、ぎりぎりになって慌てるのは嫌なので、
とっととアポを取ってしまおうと思ったら、
担当の人、
「一週間前になったらもう一度電話してください。
まだ早すぎて予定が決まりません。」

だと。

…。

ぎりぎりだと心配だから早めに予定決めてほしいんじゃないか!!!(怒)

気を取り直して、さらに、
先日、猫の検疫の書類について、今まで調べた情報とは微妙に違う情報を見つけてしまい、
訳がわからなくなったので、今度は日本の動物検疫所に、直接電話で問い合わせてみた。

ちなみにその情報とは、

猫の輸入に必要な書類について、
動物検疫所のサイトによると、
狂犬病予防接種証明書と健康証明書は、「民間獣医師発行の場合は、
輸出国政府機関の裏書き(英語では、エンドースメント・Endorsementといいます)が必要です。」

在日フランス大使館のサイトによると(仏語)
- un certificat de bonnne sante (= absence d'aucune maladie contagieuse de l'espece)
- un certificat de vaccination antirabique datant de plus de 31 jours et de moins d'un an
 signe par un veterinaire praticien francais et contresigne par la Direction des Services
 Veterinaires (dont les coordonnees seront precisees par le veterinaire).
(動物検疫所と同様。)

在仏日本大使館のサイトによると、
「?輸出国政府発行の健康証明書(CERTIFICAT DE BONNE SANTE)
 ?狂犬病予防注射証明書(CERTIFICAT ANTI-RABIQUE)
 上記の書類をかかりつけの獣医に発行してもらった後、
 まず、1. フランス政府機関で裏書証明(ENDORSEMENT)を受け、
 それに2. 裁判所にてアポスティーュ(APOSTILLE)という認証を添付してもらいます。」


「2. 裁判所にてアポスティーュ(APOSTILLE)という認証を添付してもらいます。」

ってなによーーーっ!!!

聞いてないよ!
ただでさえ証明書の有効期限が10日しかなくて、
帰国直前、引越しやらあいさつ回りやらで日程いっぱいいっぱいで、
間の1日を縫うようにして獣医にアポ取って、
政府機関とやらは直前でないとアポ取れないとか言いやがるし、(上記参照。)
これで裁判所に行かなきゃならないとなると、
これまたパリだったらどこに行かなきゃならないかは全部書いてあるけど、(アポの要、不要まで。)
地方はまた自分で調べなくちゃいけないのよーーーっ。(憤懣やるかたなし。)

ってことで日本時間17:00過ぎてから電話したわけだが、
「担当のものに代わります。」と2回人が代わって、
一般的に説明をしてもらったあと、(全部サイトに書いてあります。)
その微妙に違う情報についてつっこんで聞いたら、

「空港業務から離れてしばらく経つので正確には思い出せないんですが、」

って、あのう…。

「一匹が老齢でなんとか最短の係留期間で済ませたい」と泣きついたら、
結局、「空港業務から離れてしばらく経つ」担当の方は、
もうフライト等が決まっているので、
直接成田のターミナルの検疫所支所に電話して確認をとったほうがいい、
とアドバイスしてくれました。

なんか、疲れちゃったので、もう日本時間18:00くらいだったし、
来週にするね…。

ご参考までに、「空港業務から離れてしばらく経つ」担当の方、(しつこい?)
とても親切で、ひとんちの猫を「猫ちゃん」と呼んでくれ、親身になって説明してくださいました。
もちろん、「憤懣やるかたな」い対象は、彼ではございません。念のため。

昼過ぎ、やはり帰国関係の書類のことで家に帰ってきた夫に以上の話をしたら、

「そんなの、領事館に電話して聞きゃーええじゃん。」

ふむ。

おっしゃるとおり。

ってことで領事館に電話して聞いてみたら、
調べて折り返し電話をくださった。
領事館として調べうる情報をFAXしてくださるとのこと。
うちにはFAXがないので、夫の会社宛に送ってもらうことにした。

いつも思うけど、マルセイユの領事館の人、ほんとにいつもていねいで親切だ。
どこぞの日本大使館の勘違いばばあとは大違い。
なので、つい調子に乗って、領事館サイトに記載されている電話番号が間違ってることを指摘してしまいました。

えへへ。

で、いよいよ、っていうかようやく、本日の〆は、借り手候補さんの来訪。
昨日来た人は、目鼻立ちのとても整った、小柄で華奢な感じの女性なんだが、
その夫&その息子(中学生?)が

かっこええーーーっ!

いや?、だれみたいって言ったらいいんだろう。
ほんとに映画スターのようなほほえみったら、きゃ?っ!
私が知らないだけで、もしかしたらフランスの芸能人とかだったらど?しよ?っ!(大バカたれ。)

いや、でも、あの、そのデカさで、家族3人はきついと思いますよ。この家。


あ?、長かった。長すぎだ。夫はもうとっくに読むのやめてるな。

ってことで、明日からイギリス行ってきます。
ロンドンにはたぶん行かず、
名前を言ってもたぶん、Winnie the Poohマニア以外だーれも知らない田舎で(前に住んでた町。)、
食って食って食いまくってきます。

拍手[0回]

PR

運光様 魔除け

運光様 ご案内

ブログの管理画面からコメントの返信をすると、「最新コメント」欄に文字で表示されません。
「最新コメント」欄で、記事タイトル横にノートに鉛筆みたいなマークが入っていれば、「返信あり」です。

運光様 カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

運光様 最新コメント

[02/04 サエコポン]
[01/20 サエコポン]
[04/03 Mママ]
[03/23 サエコポン]
[02/12 サエコポン]
[02/11 サエコポン]
[06/19 P]
[02/16 雨]
[02/15 Mママ]
[02/15 サエコポン]

運光様 ブログ内検索

運光様 アーカイブ

運光様 プロフィール

<<慢性腎不全診断  | HOME |  雨 18℃>>
Copyright ©  -- 私家版・雨の内緒話避難場所 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ